メスを使わない手術方法

鏡を持つ人

日々のメイク時間を短縮させたい女性や、急な外泊でも自信を持ってスッピンになりたい女性は埋没法と言うプチ整形に挑戦してみるといいでしょう。埋没法は、二重まぶたになりたい女性の願いを叶えるための手術方法とも言われています。従来の二重まぶた整形の場合、メスを使ってまぶたを切らなければならない方法を使っていました。しかし福岡にある美容整形クリニックの施術方法では、メスを使わずに医療専用に作られた糸を使ってまぶたラインを作ることができるようになったのです。そのため、出血を抑えることができ手術時間も短縮することができるようになりました。プチ整形の中でも評判の良い埋没法の施術方法は、まず医師とのカウンセリングで作るまぶたのラインを決めていきます。まぶたのラインは仕上がりが自然になるように、イメージ像を作りながら納得のいくラインを決め、手術の流れを決めていきます。手術当日は、糸を通すための小さな穴を開けて行き医療用の糸を通していくのです。穴に糸を通すことで、二重まぶたのラインを形成することができ、この穴の位置で出来上がるまぶたの幅や形が異なってきます。糸を通した後は、余った部分を切りしっかりと結んでおきます。結んだ部分は皮膚の中に埋め込むことができるため、綺麗に隠すことができるでしょう。福岡でも人気のある埋没法という施術方法は、一度二重まぶたになってみたいという女性や、メスを使わない美容整形に挑戦したいという女性に向いています。しかし、プチ整形に挑戦する前に必ずどういったメリットやデメリットがあるのか確認しておきましょう。埋没法の場合、福岡の美容整形クリニックで手術をした後にまぶたの裏がゴロゴロして違和感を感じるという患者もいます。その他にも、目を頻繁にこする人などには向いていません。埋没法で使われる糸は、衝撃などに弱いため切れやすいタイプのものもあるからです。また、糸が切れてしまうと直ぐに元のまぶたに戻ってしまうという可能性もあります。二重の効果を半永久的に維持したいという女性は、福岡で人気のあるプチ整形ではなく、メスを使った手術方法も検討してみてください。